カリンの徒然なる日常

ゲームとゾイドを中心とした趣味をとうとうと。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

直すべき課題は2つ 

昨日書き忘れていた予想外なことが、実はもう1つありました。

PC用のスピーカーが突然逝きました('A`)
来週の土曜かGW中に安めのものを買いますかね・・・。


◆ゲーム
・セブンスドラゴン(DS)
おそらく、残すはラストダンジョンのみとなりました。
未クリアのクエストがいくつかありますが、その辺は面倒なのでスルーするつもりです。
アイテム100個しか持てず倉庫がないのに、××を100個集めろとか、やりませんって。

ただ、メイジがEXスキルのジ・エンド・オブ・ワールドを覚えるために、
あとレベルを2上げなくちゃいけません。
とりあえずラストダンジョンに向かって、少しレベル上げにいそしむかなー。


◆戦場の絆
予定通り出撃してきました。
早速試しに動画を撮ってみようと思ったんですが、残念、その計画は即破綻!
カメラが全然引けず、映っている画面は大きすぎて、それはもうヒドい有様でした(´・ω・`)

このデジカメは2006年の元旦に買ったもので、そろそろ買い換えてもいいかもしれません。
撮影した写真を4000点以上。撮影した動画も数知れず。さすがに減価償却してますよねー(^ω^)

デジカメも、GWのお休みあたりに品定めしよう。
確か今のデジカメってメーカーごとに機能の差別化がされていて、どこかのが動画に強かったハズ。

いろいろと書いていた結構長くなってしまったので、以下追記部分にて。



さて、本題の絆本編、今日は野良で出撃して8勝7敗1分。
主に連邦で6クレ、ジオンで2クレ出てました。
今回のステージは絆始めた直後以来のヒマラヤでしたが、ここは難しいですね。

連邦は基本陸ガン、ときどきF2といった感じで、陸ガンはやっとブルパがでました。
一方のジオンはゲルキャが支給され、次にハイゴを申請してるところです。

プレイでは、今の自分の課題が明確なので、今日はF2乗ったときもタックルダメ50を捨て、
機動セッティングで乗ってました(そもそもタックルを減らそうってのもありますが)。
これまでずーっと赤1だったからかもしれません、F2の青1ですらかなり快適でした(・∀・;

ただ、自分のクセで気が付いたことがあります。
どうも、安易にペダルベタ踏みで移動をしているシーンが多いような気が・・・・・・。
その結果、硬直を晒しているシーンが多いんじゃないだろうか?

いや、むしろブーストゲージが慢性的に少なくなり、敵に攻撃されやすい時間(not回避運動)を
相対的に増やしてしまっていることに繋がっている?
もしくは、本当に使いたい、使わないといけないシーンで使いづらくしてしまっている?

うーん、課題が主に2つの方向性になっている気がしてきた。

・安易なタックルマジ厳禁(→ひいては、決められるシーンではもっと格闘を使いましょう)
  →現在鋭意努力中。格闘は目に見えて増えてきている。

・安易なペダルベタ踏み移動に注意
  →まだちょっと正確に事象を捉えきれていないかも?漠然とした実感という感じで。

この辺は中・高コストのMSに乗って、実戦で感覚を磨くしかありませんね。
低コに乗って護衛するときも、機動1とかでやろうと思います。
F2の青1は、F2とは思えないほど、ホント快適だったなぁ~。


それにしても野良でプレイしてると、ホントいろんな意味でカオスですね。

ガード・カスタム(!)に乗り、3落ちしてシンチャテロをする大佐とか('A`)、
野良フルアンチ編成となったにも関わらず、4バー×2(もちろんタンク入り)相手に勝ててしまうとか、
ヒマラヤでは人気機体なのかと目を疑ってしまうほど狙撃が出てくるとか。

今週は出張の関係でまた東京に出るので、バーストできるのが楽しみです(・∀・)
ただ、ステージがジャブロー地下というのがどうでるか・・・。

category: アーケード

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://karinn.blog7.fc2.com/tb.php/1455-75ae0e81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

現在プレイ中(14/03/11)

久しぶりのウィッチ登場!

過去ログ

カテゴリー

更新バロメーター

アクセスランキング

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。