カリンの徒然なる日常

ゲームとゾイドを中心とした趣味をとうとうと。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

Hordeアレコレ 

まだHordeをやり慣れていないK君やスライスさんに送る、Hordeアレコレです。
それなりにHordeやってる上で書いてるので、大外れのものはないハズ。

あらかじめ言っておくと、決して「これが正解!」というわけではないので、
頭の片隅に入れておく程度で、よろしく!Σd(・∀・)
単なる自己満足記事な気がしないでもないですけど、それこそ気にしない(゚∀。)

あ、長くなるので追記形式にしています。興味ない人はスルー推奨。



◆Hordeあれこれ

【Hordeのセオリー:盾による籠もり】

ゲーム序盤ならまだしも、中盤からは体力と攻撃力の上がった敵の大群を
最大5人の味方で全滅させる必要があるため、正面から敵とぶつかり合うのは
あまり得策ではない。状況や敵リスポンによっては、前に出ているところを
各個撃破されたり、挟撃される可能性が高い。

盾を刺すことでカバー地点にできる他、狭い通路では敵の侵入を阻むことができる。
Hordeではこれを活かした特定地点での“籠もり”がクリアのために使用されることが多く、
基本かつ重要な戦術

ただし、ドローン系の敵は刺さっている盾を蹴飛ばして侵入してくるため、完璧ではない。
一方、ブーマー系の敵は盾をのぞくことはない。

モーラーやブラッドマウントなど、非射撃系の大型敵が盾の前で止まっている場合は、
それらの敵自身が盾を蹴飛ばす敵の接近を阻む“盾”となるため、放置すると楽。
ただし、その後ろにグラインダーやブーマーがいて、射線が通るようだと危険。

盾を蹴り倒すドローン系、サイア、カンタスなどは接近してくるまでに倒すようにしておく、
また敵の近くにカバーポジションがあるところで攻撃してその場に滞留させるようにすると、
籠もりの防御が固くなる。


【籠もり場所のポイント】

以下の条件を複数満たしていると、より安定しやすい。
(個人的な優先順位:◎>○>△)

 ○:弾/グレネード/武器などリスポン地点
 ○:敵を見下ろせる/ある程度視界が開け、射線が通る
 ◎:敵の侵入経路を限定できる(1~2方向)
 ○:狭すぎず、広すぎないスペース(投げられたインクグレ回避可能)
 △:敵のリスポン地点ではない。ただ、敵の沸きを抑えることもできるため、ケースバイケース。


【盾の入手】

盾が入手できるのは、ステージ固有の沸きがある場合をのぞき、基本的に
1桁の数字が8/9/0のwave(18、29、40など)に登場するモーラーから。
ある程度自陣に引きつけてから倒すようにすると、回収しやすい。

ただし、すでに盾が落ちている、刺さっている地点周辺でモーラーを倒すと、消失しやすい。
狭い通路の刺し盾で塞いだモーターを倒したときなどに顕著。

なお、ステージ固有の盾の沸きがある場合、全滅時にリスタートしても
そのwaveでは盾は沸いていない。


【盾刺し時の注意】

敵の死体がある地点には盾を刺せない。突破された際、素早い補修時には注意。
盾が落ちている地点に別の盾を落とす、もしくは盾が落ちると1枚消える。

また、味方が通れるように盾を設置できると前線組が戻りやすく、
ひいては全滅の可能性もさがる。コツとしては1人分通れるスペースを作る

盾を少し斜めに刺すだけで通れることも多いので、これができると味方から
「こいつ・・・デキる!」と思われるかもしれない。

この辺りは“籠もり”を好まない人もいるので、臨機応変にできると吉。
身内でやる分には、たぶん自分とかちびちゃんが通れるように刺していると思う。


【籠もりの注意及び突撃戦術】

最初から籠もりっぱなしだと1waveクリアの時間が長くなり、
最終的なクリア時間も当然長くなるため、ある程度は籠もり場所から
前に出て迎撃すると効率が良い。特にwave30くらいまで。

ただし、突出すると逆に死にやすくもなるので、他の味方の位置を要確認。
孤立した自分のダウンが、何とか救出しようとしたチームを
全滅に招くこともしばしばあるのがHorde。勇敢な突撃≠ヒーロー

突出してダウンした場合、救助が来ないことに文句は言わない。
助けられないのが悪いのではなく、助けられない位置に行ってしまったのが悪い
決して責められるべきは味方ではない。誰かさんはここが凄く疎かで、ちょっと考えもの。

話を戻して、敵の数が少ない、対処しやすい敵が多いwaveでは
籠もり場所に味方が1人残っているようであれば前に出て迎撃しやすい。

一方、前に出た味方がいるのであれば、彼らがダウンした際の救出、
また援護ができるよう射線が通るポジションに位置取りすると、チームとして機能しやすい。

あと、盾がない場合、5人まとまって前に出て戦うと火力を集中できて実は強かったりもする。


【管理いろいろ】

・盾
wave開始後、刺さってる盾/落ちてる盾をとって落とすだけでOK
刺さなくても管理したことになる。蹴飛ばすだけでは消えるので注意。
あらかじめ盾をすぐ拾えるようにしておけば、1人で5枚は管理可能。
(なお、マルチャーなどの大型武器は落とすだけでは管理できない)


・安地管理/敵ボップ抑え
敵のリスポン地点に滞在することで、その地点からの敵の沸きを防ぐ。
籠もり場所からある程度前に出てローカストを迎え撃つ際、
これを怠ると敵に後ろ(=籠もり場所内の敵リスポン地点)をとられる。

どの程度離れると敵が沸くのかを序盤に見極めておくと、後半で役立つ。
ただし、滞在していても他メンバーが残りのリスポン地を抑えると
沸くことがあるため、絶対ではない

心配であれば、籠もり場所内の敵リスポン地点にグレを刺しておくと、
敵の沸きを感知しやすく、またダメージを与えやすい。
盾/安地管理の人が、前線組のダウンを助けにいく形はできれば避けたい。


・誰かがやらないといけない仕事
どちらの管理ケースも、担当する人は敵を攻撃する機会が少なくなり、
本来のゲームの醍醐味(=敵を撃って倒す)を味わいにくくなることが多々ある。
身内/野良関係なく、管理してくれている人への感謝する気持ちを持てるとカコイイ。


・マルチャー持ち越し
後半は敵の攻撃が熾烈になるため、マルチャーを拾って持ち越せるようにすると楽になる。
盾管理もあるので一概に絶対というほどではないけど、
身内であればボイチャで声掛けすれば簡単オッケー。


【弾確保/武器選択】

ランサー、ハンマーバースト、ショットガン、ピストル系のサブウェポンは、
wave開始時に一定の弾数以下だと弾が回復するため、積極的な弾回復の必要がない

 ランサー(350)、ハンマーバースト(187)、ショットガン(32)
 ボルトック(30)、ゴーゴン(224)、ピストル(?)

ロングショットやトルク、ブームショットなど上記以外は自動回復しないので、
これらの武装で固めた場合は他の人に弾倉を譲った方が良い。

弾確保がままならない状況が起こるHordeでは、上記武装で固めると便利。
ただし、後半では火力不足に陥りやすく、戦闘が長引く可能性がある。

特に味方を全滅に招く恐れのある、ブーマーやグラインダーなどの処理に時間が
かかるのはリスクがあるため、味方に強力な武装を持ったメンバーがいた方が、
結果的に時間短縮/リスク減少の点からも良い。

何度も自分ばかり弾薬を取るのは控える。
弾が欲しいのは自分だけではないということを忘れずに。
なので、両手強武器は避けておいた方がよいかも。

自分は大体終盤には、ランサー/ハンマーバースト/ボルトック/フラグのセット。
(管理重視の立ち回りなので)


【ラスト1匹】

wave終了直前、最後の1匹を倒さず残しておき、メンバーの弾・武器確保、
盾管理の時間をとるようにする。ラスト1匹にレッチや、盾にひっかかった
ブッチャーなどを残しておくと楽。逆に、サイクロプスは危険な例。

ドローン系はダウンさせると死ぬまでの一定時間を確保できるので、
残しておくのが面倒であれば下半身に撃ち込んでダウンさせた方が良いかも。

後半にこれを意識して行えると、チームが次のwaveに向けた準備をしやすい。


【その他あれこれ】

・索敵は大事、持ち場離れずに

篭りを始めた後で、自分が見ている方向に敵がいないからと敵が見える方向に
移動するのは危険。みながみなそれをやってしまうと、確実に全滅が一歩近づく。
その時に敵がいなくても、味方の背中を守る意味で警戒し続けるのが大事です。


・同じポジションでの2人カバーは危険

後半ではブームショットなどで同時にダウンしてしまう可能性大。
近くにもう1人いれば素早い復帰が可能だが、ツーマンセルで動いている場合は
その地点の全滅を意味する。

特に、盾を構えて(×刺し盾にカバー)戦ってる味方の隣は注意
盾に当たったブームショットやトルクの爆発で、隣にいるとダウンします。
逆に言うと、自分が盾を構えて使っているときはその点に注意。


・1枚しかない盾は持って使わない@篭り地点

刺して使うのが安定。特に中盤以降では。
盾を持った味方がモーラーやサイクロプスに接近されて後退などした場合、
通路が開けてしまったその地点から一気に崩され、全滅の恐れもある。


・「ありがとう」「ごめん」の気持ちを忘れずに

Hordeに限らず基本的なことですよね。どのゲームであっても、身内であっても。
協力に主眼が置かれたゲームなので、なおさらだと思うわけで。


・トドメを刺す

マルチだと他のプレイヤーがダウンさせた敵にとどめを刺すことは嫌われがちだが、
Hordeではむしろ(最後の1体のケースを除き)どんどんトドメを刺すべし。

スコアが記録されてるけど、スコア=活躍ではないので、特に気にする必要なし。
(むしろ、スコアが少ない方が重要なことをしている場合があるのがHorde


・迫撃砲

着弾点に味方がいる場合、衝撃でのけぞり、持っている盾を落としてしまうため、
敵と味方が至近距離で戦っている地点に安易に撃つのは危険です。
味方の迫撃砲 → 盾落とす → 敵のマルチャーで瞬殺、とかありがちなパターン。


・カバーポジションがなければ、作ればいいじゃない!

敵を迎撃しやすそうだけど、射線が多く通って危ない場合、周囲に盾を刺して
防御を固めると安全。ただし、盾管理の枚数が増えるため、ケースバイケース。

分かりやすいのは、身内でNo Whereの建物屋上に篭もった際、
迫撃砲がある地点の周囲に4枚刺して固めたケース。

なお、盾を刺してから一定時間経過後はカバーできなくなるバグ(?)が
あるので注意。必要であれば、刺し直してカバー。


・味方ダウン時の落とし穴

誰がどの辺りで戦っているのか、周辺に誰がいるのかをある程度把握しておくと、
メンバーがダウンした際に自ずと救助がスムーズになる。

また、自分のすぐ近くで誰かがダウンした際、意外とどこにいるのかが
分からなかったりするので、ダウンアイコンをよく見てみよう。


・対カンタス

緊急回避を使う上、後半だと体力も多いため、できれば単発系高威力の武器で
倒すのがベター。カンタスを単発系武器で狙っている味方がいるときに、
ランサー連射をするのを控えることができれば、より1人前の兵士DA!


・グレネード変更

弾薬箱(大)取得時にグレネードを回復できることもあるため、
とりあえずインクかフラグに一度持ち替えておくと、弾補充の度に
グレネードを補給できて何かと便利。


・何か必要があるなら声をかける

当たり前のようなことでいて、実は全員フレでも起こってしまいがちなのがコレ。
必要があるなら声をかけて協力を呼びかけよう。
特に、wave終わり際の弾回収・武器確保、盾確保のときにありがち。


以上、超長々と書いてきたけど、何かの参考になれば。
考えればまだまだ出てきそうですが、とりあえずはこんなところで。

category: 家庭用ゲーム

コメント

とても参考になりました♪

私にはまだまだ知らないことがありすぎるのでこういう情報は感謝です!!

盾の重要性に改めて認識しました(>_<)

URL | 酢ライス #-

2009/09/15 05:03 * edit *

それは良かったw
そう、盾は重要なのです(・∀・)

ただ、篭るかどうかはホント人やステージによるんだよね。
今夜やった人たちは、wave38くらいまではガチ篭りしなかったので、
管理よりもみなで前に出て戦う感じ。

どちらが楽しいかと言えば、前に出て戦う方が楽しいんだけどNA!(゚∀。)

URL | カリン #A1vz8dvw

2009/09/16 00:28 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://karinn.blog7.fc2.com/tb.php/1604-376525bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

現在プレイ中(14/03/11)

久しぶりのウィッチ登場!

過去ログ

カテゴリー

更新バロメーター

アクセスランキング

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。