カリンの徒然なる日常

ゲームとゾイドを中心とした趣味をとうとうと。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

長々とシュタゲ感想 

先週末にも書きましたが、シュタインズゲートを全クリしました。
総プレイ時間は43時間と、もうRPGをクリアするのと同じレベルですね。
でも、RPGをクリアするよりも達成感や喪失感がずっと大きかったのは間違いない。

シュタゲの感想を一言で書くと、超面白かった。とにかくそれに尽きます。
でも、それだけだと何がどう面白かったのか意味不明なので、ちゃんと書こうw

長くなるので久しぶりの追記形式です。
興味のない方は華麗なるスルーでお願いします(・∀・)



具体的にシュタゲの面白い魅力は、非常によく考えられたストーリーと、
そしてプレイヤーをよりゲームに引きこむ演出だと思います。


・ストーリー
ストーリーってADVのキモだと思いますが、とにかく出来が良くて面白かった。
「早く先を知りたい!」とプレイヤーをぐいぐいと引っ張っていく力があり、
最後はじーんと胸に来るものが凄くありましたね。感動しました。

序盤、1章から3章くらいまでは展開がゆっくりで冗長に感じられるところもありましたが、
5章からは物語が急速に動き出し、熱中度も一気に高まります。

特に主人公であるオカリンの6章以降の必死な様子は、それを見ているだけで
自然とこちらも感情移入して、各ED(個人的にはトゥルーED、紅莉栖ED、まゆりED)に
達したときは感慨深かった。

あの必死さが十二分に伝わってきたからこそ、クリアしたときの達成感が増幅されるんだと思う。
オカリンが途中からカッコ良く見えるというのも納得。

そして、本当に凄いと思ったのは伏線の張り方
ゲームのあちこちで伏線が貼られているのですが、それらの多くが回収され、
一部の伏線が物語を紡ぐ上で重要なキーだったと分かったときに受ける衝撃は凄まじかったです。

特に11章は、「えーっ、そうなの?」って感じで驚かされまくり。
あのムービーメールとその1つ前のDメールから明らかにされる内容に驚かない人は、
逆に凄いと思います。自分には無理!
紅莉栖の父親は、「まさか!」と気付くのがホント明かされるシーンの直前でした(´・ω・`)

あらかさまに伏線として頭の中に残っていたものもあれば、「あのことがここで関係するの!?」と
伏線とは思ってもいなかったこともあり、本作の伏線のあり方がストーリーを展開・収束させる上で、
またプレイヤーを楽しませる上で大きな原動力だったことは間違いないと思います。

タイムトラベルというテーマ自体はもう様々なところで使われていますけど、
数多くの難しい理論や考えを取り上げつつも、タイムトラベルを分かりやすく噛み砕いた上で、
ゲーム内で破綻しないようお話を構成していったのは凄いし、面白かった(・∀・)

演出とも関わりますが、世界が変わるというのを変動率として数字で示し、
Dメール使用の度に数値が変わるメーターを見せるという演出は、
世界がどれくらい変わるのかを分かりやすく示してくれるのでとても良かったです。


・演出
ゲームシステム的には、ADVでは一般的な選択肢を用いず、携帯電話でのやり取りを通じて
未来が変わるという仕組みです。これはTVや紙媒体の小説などでは絶対に真似できず、
インタラクティブ性が高いゲームというメディアだからこそできるものですよね。

(あ、「ゲームというメディアだからこそ~」ということ自体は、
 特にこのゲームに限らないことでもあります。あしからず)

このシステム自体はありそうで今までなかったもので、新しく面白かったです。
やっていること自体は結果的に従来の選択肢と同じなんですが、その見せ方が携帯電話を
用いることで非常に自然なんですよね。ゲームへの没入感を損なわない形で。

自分が演出で特に良かったと思うのは、いわゆるフェイクエンディングという名前の、
トゥルーEDに入る前に挿入されるスタッフロール。

スタッフロールの最中に音楽が止まり、電話がかかってきて会話が始まり、
挙げ句の果てにスタッフロールを巻き戻しとか、そんな演出初めてw
それはもう驚きましたよ(゚∀。)

「あれ?」って思わせた矢先にすぐ11章に入り、一度の失敗を経て、物語が大団円に向けて
動き出す流れは、主人公のあきらめを共感していたプレイヤーをどうなるのかとわくわくさせます。
あのシーンは、わくわくする意味で本当に興奮しました。
あそこで初めて流れる音楽「Operation Skuld」は、あの場面にとても合っていたと思う。

ADVを盛り上げる大切な要素の音関連については、音楽で賛否があるようですね。
自分は、OP曲とタイトル画面で流れる本作のテーマはとても良い曲だと思います。
この2曲だけでエンドレスループは余裕!Σd(・∀・)

OPは、歌詞がよくゲームを象徴しているものとなっていて、
雰囲気作りを大事にしている点に好感が持てます。
地味ですけどこういうのって大事ですよね。

ただ、その一方で一部の曲を除いてあまり印象に残らなかったり、
現在のシーンとはミスマッチと感じる曲が流れることもあったり。
特に後者は、そのシーンにおける没入感を台無しにしてると感じることもあり、もったいなかった。

普段はあまり触れない分野ですが、声優さん方の仕事っぷりも良かったと思います。
キャラのイメージに合ったキャスティングで良い演技って、ホント大事ですね。

一見ギャルゲー?と思われるようなゲームで、実際とある女性キャラとはキスしたり、
お互いの想いを確認し合うような描写もあります。

でも、クリアしたら、これらは主人公のオカリンに、ストーリーにより深い感情移入を
促すための演出
なんだなということで、ギャルゲーという見方は適切ではないですね。
ゲームに限らず、どんな娯楽作品においても、盛り上げるための恋愛描写ってごく普通にありますし。


・気になった点
わりとささいなところが多いんですけど。

メールの返信が、返す内容を選ぶまで分からない。
上でも書きましたが、一部シーンで音楽がミスマッチに感じる箇所がある。
一部テキストの誤字脱字がある。
一部回収されていない伏線がある。

最後の「回収されていない伏線」は、結構重要な伏線のハズなのに
回収されていないあたり、意図的に残されているようにしか思えません
具体的には、脅迫メールの送信者はいったい誰なのかという謎。

ここまで伏線貼って回収されているゲームなのに、そこをミスして落とすとは思えないんですよね。
その場合考えられるのは、次回作なり何なりの形で後で説明するケースと、
あえて穴を残すことでユーザーコミュニティの活性化を促す題材にするケースの2つ。

どちらかと言えば、自分は後者のような気がします。
これは、続編は作らず、スパッと本作だけで完結させて欲しいと思っているからかも。


・その他
上の部分に当てはまらない感想を以下に。

独特のキャラクターイラストですが、自分は好きです。
たぶん、これはクリアしたからこそそうなったと思いますが。
始める前は、「独特のタッチだなぁ~」くらいにしか思っていませんでしたw

厨二病全開の主人公とか2ch用語バリバリな描写は、やっぱり人を選ぶだろうと思います。
キャラもオタク的にいろんな属性を網羅してる一方、そういうのがダメな人は徹底してダメな気がします。

この辺りは好みが分かれるところじゃないでしょうか。
実際にゲームをしているとその辺は気にならず、むしろしっかりとキャラが立っていると
感じられるんですが、その辺はやってみるまで分かりませんからね。

自分はキャラの中で紅莉栖が好きですね。
初めてツンデレキャラが好きになった(゚∀。)
自分は今までツンデレ属性って嫌いでしたので、これはある意味革命的

そんな流れからか、CGも紅莉栖関係で好きな絵が多いです。
“竜虎相打つ”の構図や、途方に暮れるオカリンに「話して」と言ったときのものに、
紅莉栖EDのラストで紅莉栖がラボに駆け込んできたときのものとか。あの笑顔は実に良かった。

あとは、やっぱりトゥルーEDラストカットのCG。
このシーンのCGは外せない


と、いろいろ書いていますけど、長いだけで雑多な感想になってしまいました(゚∀。)
おまけに、ゲームを凄く気に入ったことから超持ち上げまくりな内容ですw
その辺は「コイツはそれだけ楽しめたのか~」と受け止めてもらえたら幸いです。

身も蓋もなく簡単に総括してしまうと、冒頭に書いた通り、非常に面白かったということです(・∀・)
たぶんまた後から書きたいことが出てくると思いますけど、とりあえずなこんなところで。

category: 家庭用ゲーム

コメント

感想を読んでいて、自分も物凄くやりたいと思えてきた!
X360は買わないとダメか…

URL | Asner #KGAhWzec

2009/12/09 16:56 * edit *

>伏線の張り方と回収
ここには非常に興味をそそられますねー
箱を売ってなければとっくにシュタゲを買ってプレイしてるんだけど/ ,' 3  `ヽーっ

URL | ヘリオン #-

2009/12/09 20:08 * edit *

>Asnerさん
シュタゲはホントいろいろな人に薦めたい、よく出来たゲームだと思いますよ。
360はゾイド∞もあるし、これを機に買ってみては?w

>ヘリ乙
君にはガッカリだ。

URL | カリン #A1vz8dvw

2009/12/10 01:05 * edit *

シュタゲはやっぱり面白いのか・・・
もともとADVとかシナリオ読むのは好きなんで、どうかなぁと思ってたんですが
カリンさんだけでなくその他の友人も面白いって言ってるからなぁ、少し落ち着いたら買ってみようかな。

URL | 風見 蒼刃 #-

2009/12/10 02:32 * edit *

小説でくれ!

どこ見ても批判が余りないのが出来いい証拠なんでしょうね~
360を一時的に返してもらう交渉でもしようかなw
プレイ時間どれぐらいでしたかー?

URL | 羽荒斗 #5HEu5fQk

2009/12/10 04:22 * edit *

>蒼刃君
ADVとかのシナリオが好きなら、きっと楽しめると思うよ。
自分もあまりの評判の良さに買う前は驚いたけど、
プレイしてクリアしたら納得だったね。ぜひオススメ(・∀・)

>鳥君
小説だと臨場感が全くないのでオススメできない。
あと、TVアニメも難しそうな気がする・・・。
やっぱシュタゲはゲームで体験してもらいたいと思うなー。

プレイ時間はこの記事の冒頭をしっかり読んでくれw

URL | カリン #A1vz8dvw

2009/12/11 01:15 * edit *

No title

すごいプッシュだなあw
ちょっと驚いた。

なにげなーしに検索してやってきた通りすがり。
最後まで記事を読んだので、記念にコメントをしようかと。

自分もシュタゲプレイ済みで、くりすちゃんが大好き。
最初から最後まで続きが気になって気になって、さくさくと話を進めることができた。
上にも書いたように、かなり褒めちぎられていて、少し驚いたけど、お互いに良ゲーに巡り合えて、楽しめたのはよかったね。

URL | ななし #-

2010/09/04 20:53 * edit *

え、そんなにすごいプッシュですかねw

面白かった感想を書いていたらいつの間にか、
ただ単に駄文で長文になってしまっただけなんですけどもー(゚∀。)

シュタゲは久々にADVで、良い意味で驚かされたゲームでした。
ちょっとクセがあって偏見を持たれやすいですけど、
ぜひいろんな人にやってもらいたいゲームの1本ですねー。

URL | カリン #A1vz8dvw

2010/09/05 02:01 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://karinn.blog7.fc2.com/tb.php/1689-bd125889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

現在プレイ中(14/03/11)

久しぶりのウィッチ登場!

過去ログ

カテゴリー

更新バロメーター

アクセスランキング

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。